Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

仙台高等専門学校と連携 有害鳥獣捕獲検知システムの実証実験を開始 仙台市2022年1月5日

一覧へ

宮城県仙台市は、仙台高等専門学校と、イノシシなどの有害鳥獣対策にかかる住民の負担軽減を図るため、省電力無線技術LPWA通信ネットワークを用いた有害鳥獣捕獲検知システムの実証実験を2021年12月13日から開始した。

システムの概要

システムの概要

仙台市は、民間企業等のノウハウや技術を市民サービスの向上や行政課題・地域課題の解決につなげる連携窓口「クロス・センダイ・ラボ」を開設している。同実証実験は、仙台高等専門学校からクロス・センダイ・ラボへの提案を受けて始まった。

有害鳥獣捕獲検知システムは、遠隔地でもスマートフォンなどを用いて有害鳥獣の捕獲状況の把握が可能となるもの。同実証実験を通じて捕獲データを蓄積・分析し、捕獲作業の効率化や、負担軽減の可能性を探る。実証実験を行う太白区秋保町太夫地区では、地区内に6基ある檻を住民が直接見回って確認してきたが、同システムの導入により自宅にいながら通知を受け取ることができ、警戒にあたる負担の軽減が期待される。

仙台高等専門学校は、2020年に、Society5.0により実現する未来技術をリードする『高専発!「Society5.0型未来技術人財」育成事業』における「COMPASS5.0(次世代基盤技術教育のカリキュラム化)IoT分野」に採択され、秋保地域の関係者と連携しながらIoTの研究開発やアントレプレナーシップ教育の実践に取り組んでいる。その一環として、秋保地区におけるLPWA通信システムを活用したサービスの実証実験を進めており、今回の取組につながった。

クロス・センダイ・ラボは、民間企業などからの提案を一元的に受け付ける窓口として、仙台市プロジェクト推進課内に2019年11月に設置。「パートナーシップ推進事業」と「近未来技術実証ワンストップセンター事業」の2つの事業で構成されている。「パートナーシップ推進事業」では、民間企業等から行政・地域課題の解決等に向けた提案を幅広く受け付け、対話を重ねながら提案の実現に向けた支援により、スピーディーかつ強力に連携を推進。全国の事業者からの提案を随時募集している。

実際の現場でセンサーが設置された捕獲用の檻

実際の現場でセンサーが設置された捕獲用の檻

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る