2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

自由な報道 食料生産に不可欠 攻撃即時終了を 国際農業ジャーナリスト連盟2022年3月17日

一覧へ

国際農業ジャーナリスト連盟は、「ウクライナ戦争に関する声明」を3月10日に発表した。

声明では、ジャーナリズムは世界で何が起こっているか理解するためのもっとも重要な手段であり、自由な報道は食料生産や貿易に不可欠だと強調するとともに、ウクライナへの攻撃の即時終了と報道の自由の回復を強く求めると訴えている。

【ウクライナ戦争に関する声明】2022年3月10日 国際農業ジャーナリスト連盟

国際農業ジャーナリスト連盟(IFAJ)は、ウクライナの友人や仲間、およびウクライナとロシアの双方において、現在の侵略行為による身体的危険と職業上の抑圧の脅威にさらされている、すべてのジャーナリストとコミュニケーターの安全を深く憂慮しています。

ジャーナリズムは紛争地の人々にとってだけでなく、世界中で何が起こっているのかを理解するために最も重要な手段です。 また、自由な報道は食料、飼料、繊維、燃料の生産・貿易にも不可欠です。

ウクライナは食料と飼料の主要な生産国で貿易の拠点でもあり、国家によるメディアの抑圧と取材・報道の自由に対する制限は、世界規模で破壊的な影響を与える可能性があります。

ウクライナでは、春の作付けシーズンが間もなく始まります。

農業者や営農指導員、貿易業者は、さらなる人道危機(食料不足、さらには飢餓)や農産物と農業資材の世界的不足を回避するため、ニュースと技術的な分析、経済に関する情報を必要としています。

IFAJは、メディアと通信分野の仲間を含むウクライナの人々に対する攻撃の即時終了、およびニュースと報道の自由の回復を強く求めます。

IFAJは1956年に設立され、50カ国以上の農業ジャーナリスト団体で構成。日本から農政ジャーナリストの会が正会員として加盟している。

本文掲載サイト:https://www.ifaj.org/statement-on-ukraine-war/42967/

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る