人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

「はかた地どり」「川俣シャモ」など4産品がGI取得 農水省2022年4月1日

一覧へ

農林水産省は3月31日、「はかた地どり」(福岡県)、「川俣シャモ」(福島県)、「あけぼの大豆」(山梨県)、「ところピンクにんにく」(北海道)が、新たにGI(地理的表示)登録を取得したことを発表。合計で120品目となった。

左から、はかた地どり、川俣シャモ、あけぼの大豆、ところピンクにんにく

地理的表示(GI)保護制度は、地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い品質や評価を獲得している農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録し、知的財産として保護するもの。

今回GI登録された産品は次の通り。

左から、はかた地どり、川俣シャモ左から、はかた地どり、川俣シャモ

■第117号「はかた地どり」
生産者団体:福岡県はかた地どり推進協議会
生産地:福岡県

【特性】
うま味成分であるイノシン酸を多く含み、食味が良いうえ、身が締まっていて、程良い弾力と歯ごたえがある。

【地域との結び付き】
九州最大の筑紫平野など豊かな自然が広がり騒音が少なく、鶏の平飼いに適した生産農場を確保できる地域で生産。古くから養鶏の歴史がある土地柄であり、福岡市で生まれ福岡県を代表する郷土料理の「水炊き」や「がめ煮」に適した鶏肉として開発された。

■第118号「川俣シャモ」
生産者団体:川俣シャモ振興会
生産地:福島県伊達郡川俣町

【特性】
粗脂肪含量が多く、水分含量が低いことから、脂が乗って食味が良く、また、脂肪酸組成比ではオレイン酸の比率が高いため肉の風味が良い。

【地域との結び付き】
川俣町は、標高およそ200メートル以上の高地で、夏でも阿武隈山地から吹き降ろしの風が流れ、暑さを 苦手とする鶏の飼育には良好な地域。江戸時代には絹織物で財を成した機屋が娯楽として軍鶏を飼い、闘鶏を楽しんでいたため、軍鶏の飼育は町内に広く普及し、食用にも供されていた。

左から、あけぼの大豆、ところピンクにんにく左から、あけぼの大豆、ところピンクにんにく

■第119号「あけぼの大豆」
生産者団体:身延町あけぼの大豆振興協議会
生産地:山梨県南巨摩郡身延町

【特性】
大粒で甘みが強い、100年以上栽培されてきた大豆。10粒で6寸になるため、「十六寸(とうろく すん)」と呼ばれていたほど大粒。糖類含有量が他品種に比べ2割多く、特に砂糖の主成分であるショ糖含有量は他品種に比べ4割多く含み、甘味が強い。希少性や品質の高さにより、地元JAの買取価格は普通大豆の全国入札取引平均価格より約2~4倍ほど高値で取引される。

【地域との結び付き】
えだまめの成熟期に当たる10月から大豆を収穫する12月頃までの10度以上の昼夜の寒暖差の大きさが、特性である甘みを生む。曙地区の生産業者は、他品種との交配を防ぐために、ほ場の分離などを徹底し、何世代にもわたり種子を選抜することで、「あけぼの大豆」の粒の大きさを維持してきた。

■第120号「ところピンクにんにく」
生産者団体:常呂町農業協同組合
生産地:北海道北見市常呂町

【特性】
外皮はピンク色を呈し、にんにく本来の風味や香りが強く、生で食した時のピリリとした強い辛みが特徴。糖度が高く、香りの主成分である有機イオウ化合物等が多く含まれている。

【地域との結び付き】
生産地は、オホーツク海沿岸に位置、冬季は流氷が接し、内陸性の気候となるため、厳しい冷え込み。また、風が強く土壌も乾燥。こうした厳しい自然による環境ストレスが「ところピンクにんにく」の品質に結びついている。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る