人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

モロッコが「日本の肥料原料の安定的供給に協力」 同国訪問の武部農林水産副大臣に2022年5月17日

一覧へ

肥料原料の高騰や安定供給が懸念される中、金子原二郎農相は5月17日の閣議後会見で、りん鉱石の世界的な産出国のモロッコのエネルギー担当大臣が、同国を訪問した武部新農林水産副大臣に対し、「日本の肥料原料の安定的供給に協力したい」と肥料の調達に協力する姿勢を示したことを明らかにした。

モロッコエネルギー移行・開発大臣との会談2(提供:農林水産省).jpg

武部農林水産副大臣(右)とベンアリー・エネルギー移行・開発大臣との会談(農林水産省提供)

武部副大臣は、今月15日と16日にモロッコを訪問し、ベンアリー・エネルギー移行・開発大臣などと会談した。モロッコはりん安の原料であるりん鉱石の世界的な産出国で、輸入の大半を頼ってきた中国が肥料の輸出規制をする中、JA全農は昨年末からモロッコ産のリン安を緊急調達するなどして供給数量の確保に努めてきた。

こうした経緯を踏まえ、会談の中で、武部副大臣が肥料原料の安定供給を働きかけたところ、ベンアリ―大臣は「両国のこれまでの貿易関係をさらに発展させ、リン安等の肥料原料の安定的供給に協力したい」と答えたという。また、武部副大臣は、農業漁業大臣や外務大臣とも会談し、水産分野の安定的な関係の継続や農林水産分野の二国間関係の強化を図ることも確認した。

ロシアのウクライナ侵攻などでさまざまな資材が高騰し、特に肥料をめぐっては秋の肥料価格の高騰や今後の安定供給が懸念されており、金子農相は「特定国への依存を可能な限り減らし、調達国の多角化を図ることにしている。今後も関係事業者などと連携をとって輸入原料の安定した調達環境を整備するとともに、堆肥等の国内資源の活用で輸入肥料原料の代替を図るなど、あらゆる方策を検討していきたい」と述べ、今後の安定供給に努める姿勢を示した。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る