2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

生産資材高騰 政府危機感持ち対応を 金子農相に緊急要請 立憲民主党2022年6月9日

一覧へ

立憲民主党の田名部匡代農林水産部会長ら同党国会議員は6月8日、金子農相に対して「わが国の農林水産業を守る生産資材高騰対策と食料安全保障の確立を求める緊急要請」を行った。

金子農相に緊急要請した立憲民主党の国会議員金子農相に緊急要請した立憲民主党の国会議員

田名部部会長は「農家から悲鳴が上がっている。このままでは農業を続けられないという大変不安な声が届いている。」と述べ、3点を要請した。

1点目は生産資材価格高騰に対し、資金調達支援に限らず「十分な予算を確保し、さらなる支援についても早急に検討すること」。

2点目は肥料や飼料原料の調達先国について「偏ることなく新たな供給国を求め不測の事態が発生しても可能な限り安定的に供給が図られるよう、政府一丸となって取り組むこと」。

3点目は食料安全保障の確立に向け「国民の食料供給の基礎となる農地の確保と維持、多様な多種多様な農林漁業者が主役となり共生する担い手の確保」、「生産者が安定的に経営に取り組めるよう各種所得補償予算の恒久化」を求めた。

また、米の消費拡大に向けて「米飯給食の一層の推進に取り組むこと」も要請した。

金子農相は「意見をうかがいながらよく検討していきたい」と述べた。

田名部氏らによると金子農相は、米の消費拡大対策や、配合飼料価格高騰対策などで検討を進めることを述べたほか、肥料については耕畜連携がこれからの検討事項だとの認識も示したという。

田名部氏は要請後、記者団に対して「政府として危機感を持って対応してもらいたい」と強調した。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る