2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

地産地消の新メニュー開発&提供プログラム始動「地元農家×地元飲食店のマッチング会」開催 豊橋市2022年8月3日

一覧へ

愛知県豊橋市は「食と農のまち推進プロジェクト」の一環として、質の高い豊橋産農産物の「地産地消」を推進するため、地元農家と地元飲食店が豊橋産農産物を使った新メニューを開発・提供するプログラムを開始。地元農家と地元飲食店のマッチング会を8月31日に行い、参加者を募集する。

地産地消の新メニュー開発&提供プログラム始動「地元農家×地元飲食店のマッチング会」開催 豊橋市

愛知県の東南部にある豊橋市は、豊川用水の豊かな水と温暖な気候に恵まれ、キャベツなどの露地野菜、大葉などの施設栽培、柿や桃などの果樹など多種多様な作物が栽培されている。また、養豚や養鶏などの畜産も盛んで、全国トップクラスの農業生産額を誇る。そんな豊橋の農産物の地産地消を進めるため、"地元飲食店に利用してもらいたい地元農家"と"地元の食材を使いたい地元飲食店"をマッチングし、豊橋産農産物を使った新メニューを開発・提供するプログラムを始める。

農家側は地元の販路を確保し、こだわりの農産物を新鮮な状態で消費者に届けられる。また、飲食店側は新鮮な食材を仕入れ、お店で地元農産物のブランドを活かすことで、新しい発見や人脈作りに活用できる。新メニューの開発では、マッチングした農家と飲食店がグループとなり、様々なジャンルの料理人や地元農家とのメニュー開発経験のある料理人からメニューの開発サポートを受けられる。また、プログラムの開始に向け、地元農家×地元飲食店のマッチング会を開催し、参加者を募集する。

◎「地元農家×地元飲食店のマッチング会」概要
日時:8月31日14:00〜17:00
場所:emCAMPUS 1F restaurant(豊橋市駅前大通二丁目81番地 emCAMPUS EAST 1F)
対象者:豊橋市内の農業生産者および飲食店
応募期間:8月22日17:00まで

【地元農家×地元飲食店のマッチング会申し込み】

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る