2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【速報】食料自給率38% 前年から1ポイント上昇 2021年度2022年8月5日

一覧へ

農林水産省は8月5日、2021(令和3)年度の食料自給率を公表した。カロリーベースの自給率は38%で前年より1ポイント上昇した。

カロリーベースの食料自給率は小麦、大豆が作付面積、単収とも増加したことや、米の外食需要の回復などで上昇した。

小数点以下までの数値では37.99%となる。

飼料自給率を反映しない食料国産率は前年度より1ポイント高い47%となった。

飼料自給率は25%と前年度と同じとなった。

生産額ベースの食料自給率は63.21%と前年度から4ポイント減で過去最低となった。

生産額ベースの食料自給率では、国内生産額から輸入飼料額を差し引くが、国際的な穀物価格の高騰の影響が出た。生産額ベースの食料国産率は前年度より2ポイント低い69%となった。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る