2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

キウイフルーツ 収穫量12%減 2021年産2022年8月18日

一覧へ

農林水産省は8月10日、2021(令和3)年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量などを公表した。

結果樹面積は1880haで前年産に比べ20ha(1%)減少した。

収穫量は1万9700tで同2800t、12%減少した。出荷量は1万7400tで同2500t、13%減少した。

キウイフルーツ収穫量

10a当たり収穫量は1050㎏で前年産に比べ130㎏、11%下回った。愛媛県と和歌山県で開花期に降雨が続いたことで花腐細菌病が多発し着果数が減少したことになどが要因。

都道府県別の収穫量割合は、福岡県20%、愛媛県17%、和歌山県12%、神奈川県6%、群馬県5%でこの5県で全国の6割を占める。

全国の収穫量は、2017(平成29)年に結果樹面積2000haで単収1500㎏となり30000tとなった。2021年は低単収となり、2万tを下回った。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る