2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

渋⾕の中⼼で⾷と農を考える「SHIBUYA TSUTAYAからニッポンフードシフト」開催 農水省2022年9月16日

一覧へ

農林⽔産省は9⽉26⽇~10⽉2⽇、SHIBUYA TSUTAYAと連携し、渋⾕の中⼼に集まるZ世代などと、「⾷と農」についての新たな気づきや発⾒を通じて意識と⾏動を変えていくきっかけを作るプロジェクト「渋⾕の中⼼で⾷と農を考える。SHIBUYATSUTAYAからニッポンフードシフト」を展開する。

渋⾕の中⼼で⾷と農を考える「SHIBUYA-TSUTAYAからニッポンフードシフト」開催 農水省同プロジェクトは、昨年度から農⽔省が推進する、⾷と農のつながりの深化に着⽬した新たな国⺠運動「⾷から⽇本を考える。ニッポンフードシフト」の⼀環として展開。若者が集まる街、渋⾕の象徴と⾔えるスクランブル交差点に拠点を置くSHIBUYA TSUTAYAで、「⾷と農」をテーマにトーセッションやフェアを実施する。

期間中は、"渋⾕の中⼼"に集まるZ世代や、様々な領域で活躍する"シブツタ"で⼈気のサポーターが同プロジェクトに参加し、若い世代が⾷と農の今と未来のことを考え、意識と⾏動を変えるきっかけ作りにつながる情報発信を行う。

<展開概要>
■⽇本の未来はどうなる︖どうする︖ シブツタ全館を巡りながら⾷と農の問題を考える、謎解きゲーム

⼈気謎解きレーベル「よだかのレコード」による謎解きゲームをSHIBUYA TSUTAYAを舞台に、期間限定で開催。来場者参加型による謎解きゲームを通して、今まであまり考えることがなかった⾷や農についてちょっと考えてみる、もっと知ってみようなど、アクションを起こすきっかけを作る。

開催⽇時︓9⽉26⽇〜10⽉2⽇ 10:00〜22:00
「トークセッションイベント」10⽉2⽇ 11:00〜13:20
場所︓SHIBUYA TSUTAYA ※2Fで参加キット配布
参加費︓無料
参加特典︓全ての謎を解き明かし、答えにたどりつくとオリジナルクリアファイル(全1種)を1枚プレゼント
所要時間︓20分程度想定

■Z世代が⾷と農の現場を体験、"渋⾕の中⼼"で成果発表︕

インターンシッププログラムを通じて、⽣産・流通・⼩売など⼀連のサプライチェーンを訪ね、体験したことから、⾷と農が⾃分たちの⽣活と密接に関わっていることを再認識し、⾷に関連する産業の魅⼒を知ったZ世代たちが各々の体験テーマにもとづいて発表。また、ゲスト登壇者も交え、「⾷と農」についてトークセッションを実施する。

開催⽇時︓10⽉2⽇ 11:00〜13:20
場所︓ SHIBUYA TSUTAYA7階「WIRED CAFÉ 」内イベントスペース
出演者︓インターンシップ参加者(10人)、四千頭⾝、⾼橋愛、NANAMI、陳内将、柴⽥紗希、⾊川裕哉(代官⼭⻘果店代表)、三浦⼤輝(菜根たん代表)

■シブツタNIPPON FOOD SHIFT サポーターズ

四千頭⾝(芸⼈)、⾼橋愛(俳優・モデル)、NANAMI(モデル)、陳内将(俳優)、柴⽥紗希(モデル)、はるあん(料理家・動画クリエイター)、暖(のん)(学⽣料理家)

イベント期間中、シブツタにゆかりがあり、多様なジャンルで活躍しているサポーターと共に、SHIBUYA TSUTAYAを起点に、情報発信を⾏う。

【「SHIBUYA TSUTAYAからニッポンフードシフト」】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る