秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

千葉県のアイガモ飼育施設で鳥インフルエンザ 国内18例目2022年11月28日

一覧へ

農林水産省は11月26日、千葉県香取市のアイガモの飼育施設で、今シーズン国内18例目となる高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたと発表した。千葉県内での発生は今シーズン初めて。

農水省によると、鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたのは、千葉県香取市にあるカモ猟のおとりとなるアイガモを飼育する施設で、飼養羽数は約20羽。11月25日、同施設からアイガモが相次いで死亡しているとの通報を受けて簡易検査を行ったところ、陽性であることが判明し、26日、改めて遺伝子検査を行った結果、高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜と確認された。

千葉県は、同施設で飼育されている残る14羽のアイガモを処分するなど、すでに防疫措置を終えている。
千葉県によると、今回の農場から半径3㎞以内の移動制限区域内には2農場あり、132羽が飼養されている。3㎞~10㎞以内の搬出制限区域内には20農場があり、約127万羽が飼養されているという。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る