秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

さとうきびの交付金単価は1トン1万6860円 3年連続据え置き2022年12月1日

一覧へ

政府・与党は11月30日、2023年産のさとうきびの生産者交付金単価を、1トン当たり1万6860円と決定し、3年連続据え置きとなった。でん粉原料用かんしょについては、1トン当たり3万290円とし、前年産より1310円引き上げた。

さとうきび価格据え置き.jpg

さとうきびの交付金単価などが示された自民党の野菜・果樹・畑作物等対策委員会

さとうきびの生産者の収入は、製糖工場から支払われる取引価格と経営安定対策として交付される生産者交付金の合計額で、海外に比べてコスト競争力が弱い農家が赤字にならないよう、毎年国が交付金の単価を決めている。

最大産地の沖縄県からは、資材価格など様々な物価が高騰する中、引き上げを求める声が出ていたが、農水省は、全体的には生産費は下がり、単収は上がって販売価格が上がってきていることなど考慮して3年連続で据え置きとし、自民党の了解を得た。最近の資材高騰などを配慮して引き下げとはせず、生産振興対策として収穫機械の導入や難防除雑草の防除対策に対して補助することを新たに盛り込んだ。

今回の決定についてJA沖縄中央会は「国際糖価が上がる中での据え置きに収穫作業や防除対策で一定の支援が得られることになり、農家の手取り収入は実際に増えると見込まれる。引き上げはなかったが一定の評価ができる内容だ」と話している。

一方、でん粉原料用かんしょについては、サツマイモ基腐病の影響などで単収が低く、生産費が上がっていることなどを考慮して交付金の引き上げを決めた。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る