人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

「科学的根拠に基づき安全性発信したい」 ALPS処理水の海洋放出めぐり農相2023年1月17日

一覧へ

福島第一原発のALPS処理水の海洋放出を始める時期について、政府の関係閣僚会議で、「今年春から夏ごろと見込まれる」との方針が示されたことについて、野村哲郎農相は1月17日の閣議後会見で、「今後とも漁業者に寄り添いながら漁業を安心して継続できる環境が整備されるよう万全を尽くすとともに、科学的根拠に基づいて安全性を発信したい」と述べ、国内外で理解を求めていく姿勢を示した。

福島第一原発のALPS処理水の放出を始める時期をめぐっては、今月13日に開かれた政府の関係閣僚会議で、放出設備工事の完了や原子力規制委員会による使用前検査などを経て、今年春から夏ごろと見込んでいるとの方針が示された。

これについて野村農相は会見で、今月策定したALPS処理水の処分に関わる行動計画に基づいて、各国・地域への情報発信や国際会議の活用など戦略的な発信を政府全体で行うとともに、風評被害を防ぐため、水産物のモニタリング検査にトリチウム検査を追加するなど、さまざまな支援策を講じていると説明したうえで、「今後とも漁業者に寄り添いながら関係省庁と連携して対策が円滑に実施されるよう、漁業を安心して継続できる環境が整備されるよう万全を尽くしたい」と述べた。

そのうえで、各国などへの説明について、「国内もそうだが海外の漁業者や消費者のみなさんにも日本の海からとれた魚が大丈夫であるとの安全性を、科学的根拠に基づいて発信したい」と述べ、理解を求める姿勢を示した。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る