秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

肥料原料の塩化カリの安定供給へ協力を 野村農相がカナダ担当相に要請2023年1月18日

一覧へ

ロシアのウクライナ侵攻などで肥料原料の調達が不安定になる中、野村哲郎農相は1月17日、カナダのウィルキンソン天然資源相と会談し、輸入量の大半を同国に依存している塩化カリウムの安定供給に向けて協力を要請した。

230118【山田 校正】(山田)野村農相がカナダ要請.jpg野村農相とカナダのウィルキンソン天然資源相との会談(農水省提供)

野村農相は同日午後、農水省で、来日中のカナダのウィルキンソン天然資源相と会談した。

日本は現在、化学肥料の原料となる塩化カリウムの大半をカナダから輸入しており、野村大臣は日本への供給について感謝を伝えたうえで、改めて今後の安定供給に向けて協力を要請した。

これに対してウィルキンソン天然資源相は「重要なパートナーである日本への安定供給を今後もサポートするとともに、本国の肥料関係事業者にも日本への供給の重要性を改めて伝えたい」と述べた。

財務省の貿易統計によると、日本の塩化カリウムの輸入は令和2年7月~3年6月の時点では、カナダからが全体の約60%、ロシアとベラルーシからが合わせて約26%を占めていたが、ウクライナ情勢の影響でロシアとベラルーシからはほぼ入ってこなくなり、現在は約80%をカナダから輸入している。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る