人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

農林水産物・食品の海外での模倣品疑義情報相談窓口 タイに第一号設置 農水省2023年11月20日

一覧へ

農林水産省は、日本の農林水産物・食品の海外での模倣品がジャパンブランドの毀損や輸出促進の阻害要因となることから、模倣品に取り組む枠組を新たに設ける。その第一弾として、タイ(バンコク)の輸出支援プラットフォーム内に疑義情報を受け付ける模倣品疑義情報相談窓口を設置。すでに海外展開している、または、海外展開を検討中の事業者・団体からの情報提供や相談を広く受けつける。

日本の農林水産物・食品は、海外で高く評価される一方、海外で模倣品(偽物)の流通が多数発見されている。農水省はこうした事態を受け、関係省庁と連携し、海外における日本の農林水産物・食品の模倣品対策に取り組んでいる。このほど、海外における日本の農林水産物・食品の模倣品に関する疑義情報や相談を広く受け付け、これに対応する枠組みとして「農林水産物・食品海外模倣品疑義情報相談窓口」を新設。第一号となる「農林水産物・食品の海外での模倣品等対策相談窓口」をタイに設置する。

農水省はこれまでに、GI生産者団体等の海外展開等を、特許庁・JETROにおいては中小企業の商標等の海外出願等を支援。さらに、相談窓口を、輸出支援プラットフォームにおいて一元的に受け付けることで、ワンストップで対応できる体制を構築し、今後は順次、各輸出支援プラットフォームに設置していく。

タイに設置した相談窓口では、疑義情報の情報提供も受け付けている。農水省は、事業者、団体だけでなく消費者も含め、疑義情報について積極的な情報提供を呼びかけている。なお、疑義情報の対象範囲は、農林水産品・食品に貼られたラベルの他、レストランのメニュー、Web・新聞・雑誌・POP広告も含まれる。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る