農政 特集詳細

特集:緊急特集 TPP大筋合意―どうする日本の農業

2015.10.28 
本気でTPP反対なら農家さんは自民党公認をやめよう!一覧へ

TPPに反対するFacebookの会

 多くの国民や生産者が反対していたにもかかわらず、米国アトランタで行われていたTPP交渉が10月5日に大筋合意した。大筋合意への意見や今後の日本農業の在り方などについて、多くのご意見が寄せられている。これらのご意見を逐次掲載しているが、今回は本欄の読者の方が投稿されたご意見を掲載する。

toku1510280801.jpg 私は、田舎に住んでいますが 地元の農家のお宅の納屋や塀には必ずといって良いほど自民党のポスターが 2、3貼ってあります。
 自民党はかつてTPP反対を表明していながら政権奪還後は手のひらを返しTPP交渉参加し大筋合意までしてしまった。(それでも)今もなお農協グループや農家の方々は自民党の公認を続けています。
 本気でTPP反対を表明しているなら何故、我々の意思を裏切り、TPPに前のめりな政権与党の支援を止められないのか 。
 言葉を選ばないなら、政権与党は自分達を絞首台へ上げる「死刑執行人」。
 その政権与党の公認、後援 、支援を続ける農協、農業従事者は『肉屋に媚びを売る家畜』であり、自ら進んでアメリカに自分達を売り渡し、TPPで料理されに行っている。こんな愚かな事が有るでしょうか?
 それとも農協のTPP反対活動は、農協改革の後、安倍総理の傀儡となってしまうのか? 皆諦めてしまったのか。
 口や講演で幾ら反対といっても裏切り者の政権与党の支援を農家さんが馴れ合いや慣習から続けていたら、今度こそ終わりです。議席数の力で強行されるだけです。政権与党支援はTPP推進と同じです。

(写真)TPP反対のイメージ図

なお、皆さまのTPPに関するご意見を下記までメールでお寄せ下さい。

(関連記事)

【緊急特集】TPP大筋合意―どうする日本の農業

【緊急提言】 TPP「大筋合意」の真相と今後の対応 食料・農業の未来のために 戦いはこれから (15.10.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ