農政 特集詳細

特集:緊急企画:許すな!日本農業を売り渡す屈辱交渉

2018.10.12 
再度、反対の意思結集を【菅野孝志・JAふくしま未来代表理事組合長】一覧へ

日本共産党・志位和夫委員長 実質的にはFTA交渉の一部分なのに物品交渉に限るというが、日米の力関係からみて、TAG交渉から切り崩されるのは明らかだ。政府は、TPPなどにみられるように、自由化に対しては周辺対策を講じるというが、それよりも、日本の農業を維持するため、最低限これだけは守るというのが筋だと思う。
 JAの理事会など、機会あるごとに、日米関税交渉合意の危険性を訴えているが、危機感はいまひとつ浸透していない感じだ。物品交渉の名目でFTAに道を開くのはだめだということを、JAグループはいま一度確認し、意思結集すべきだ。

 

TAGに対する怒りの声 まとめページへ

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ