左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農政:緊急企画:許すな!日本農業を売り渡す屈辱交渉

自民党に反旗も【畠山勝一・JA秋田しんせい代表理事組合長】2018年10月12日

一覧へ

 日米貿易交渉で、TPP以上の譲 歩は絶対に受け入れられない。どうやら交渉力ではトランプ大統領が優っているようだ。TPPの水準を最期の砦として、自民党も農林議員はもっと頑張ってもらいたい。自由化でこれ以上譲歩すると、秋田県でも来年の参議院選で自民党に反旗を翻すところが出てくることも考えられる。
 トランプ大統領は、政治家というより商人、あるいは不動産屋のようなものだ。このまま押し込まれると、日本は、(日米関係が壊れても)これだけは絶対守るのだという〝瀬戸際外交〟が必要になるのではないか。
 人口減少の中で、日本の農業は厳しい状況にある。農水省は農林予算を増やしたというが、土地改良などの基盤整備事業は増えたものの、重要なのは生産コストの軽減と所得の確保で、ヨーロッパ並みの所得補償制度が必要だ。安倍政権は農政の失敗を棚にあげて農業も競争が必要だというが、これまで助け合ってきた隣の農家と競争などできない。このことをしっかりと認識してほしい。

 

TAGに対する怒りの声 まとめページへ

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る