石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

農政:全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

小川 淳也 立憲民主党 衆議院議員【緊急特集・全国会議員に聞く どうするのかコロナ感染爆発】2022年1月25日

一覧へ

小川淳也 衆議院議員小川淳也 衆議院議員

○小川淳也
○立憲民主党
○衆議院議員
○選挙区:香川一区
○出身地:香川県高松市

【1】 これまでの政府のコロナ対策についての評価
(1)これまでのワクチン接種の問題点と3回目接種など今後の課題
(2)医療体制の問題点と今後の課題、
(3)国民生活や経済活動の規制(「外出自粛」「営業自粛」「リモート作業」等)の補償
(4)検査体制の拡充について  などについてのご意見

先ずお粗末だったのは水際対策。
全入国者をしかるべく10日以上施設隔離していれば、ずいぶん状況が違ったのではないかと思う。
今後もワクチンの3回接種の前倒しや十分な医療提供体制、営業自粛等に伴う補償措置、検査の一般化などについて、これまで以上に対策を強化する必要がある。

【2】オミクロン株拡大による今後のコロナ対策で政府は何をすべきか。
オミクロン株の重症化率等については、慎重な見極めが必要であり、予断を以て判断すべきではない。
しかし一方で、経済や社会、また特に子ども達の教育環境等に関する影響は甚大である。
ワクチンや薬、医療提供体制等を十分に整え、また検査やワクチンを普及させ、一般化させることを前提に、経済社会政策についても通常化していく努力が求められる。

【3】コロナ禍で見えてきた「日本社会の課題」と現政権に望むこと。
コロナ禍により、皺寄せが弱い方に行くなど、社会の矛盾がさらに露わになったと感じる。
コロナ後を見据えて、さらに人口減や高齢化、財政悪化、気候変動など、この間放置してきた構造問題にしっかりと取り組むよう求めて行く。

【緊急特集】全国会議員に聞く「どうするのかコロナ感染爆発」

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る