Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平成28年3月期増収増益決算を発表 売上高は363億円 朝日工業(株)2016年5月12日

一覧へ

朝日工業(株)は5月10日、平成28年3月期(平成27年4月1日~平成28年3月31日)の連結決算及び同社グループの中期経営計画を発表した。増収増益で売上高は前期比2.4%増の363億円だった。

 日本の経済は、緩やかな回復基調にあるが、中国など新興国経済の減速により、先行き不透明な状況にある。こうした中、同社グループは「誠実で、公正、公平、誰からも愛される会社」として「良い製品、良いサービスを提供し、地球環境に貢献し続ける」ことを経営ビジョンに掲げ、企業価値の向上に注力してきた。
 結果、売上高は363億4800万円(前期比2.4%増)、営業利益19億1500万円(同367.9%増)、経常利益19億3100万円(同454.4%増)、当期純利益は25億300万円(同355.5%増)となった。
 セグメント別<農業資材事業>
 肥料需要は、作付面積の減少、農産物価格の低迷、施肥の省力化などにより減少傾向にある。
 主力の肥料事業では、前年同期の消費税増税による前倒し出荷の反動があり落ち込んだが、家畜糞の堆肥を原料とした「エコレット」の販売が拡大したことから、増収となった。ホームセンター向けは販売が拡大したが、原料コストの増加があり、減益となった。
 大玉トマトなど種苗事業は、前年並みの売上高となった。牧草事業は、円安の影響により販売単価が上昇したことから増収となった。この結果、売上高は138億2100万円(前年比6.2%増)、セグメント利益は7億3700万円(同24.8%減)となった。
 中期経営計画では、「ASAHI2018プロジェクト」を掲げ経営基盤を拡充構築していく。ASAHIは、次の各単語の頭文字を当てはめたものだ。
・Ambition=大いなる志をもって
・Speciality=スペシャリティ分野のリーダーになるべく
・Action=直ちに行動を起こします。
・High quality=高品質へのこだわりを持って
・Innovation=不断の変革に挑戦します。
というものだ。
 3ヵ年の最終年度となる2018年度は売上高370億円、営業利益、経常利益とも21億円の達成を目指す。

今日のニュースへ戻る

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る