農薬 ニュース詳細

2016.10.04 
殺虫剤Inscalisの国内開発を開始 BASFジャパン一覧へ

 BASFジャパン(株)は、農業用殺虫剤Inscalis(インスカリス)の国内における開発を開始する。

 インスカリスは、新しい作用機構を有するピロペン系に属する新規有効成分で、糸状菌の醗酵産物をもとに、(学法)北里研究所北里生命科学研究所の大村・砂塚(創薬)グループとMeijiSeikaファルマ(株)が共同で見出したもの。
 アブラムシ類、コナジラミ類、カイガラムシ類などの防除に高い効果を発揮。既存の殺虫剤に対して薬剤抵抗性を獲得したこれらの害虫にも有効で、野菜・果樹・畑作物など幅広い作物に使用できる。
 BASF社は、2010年5月に締結された、Meiji社とのライセンス契約に基づいて、同剤の開発を全世界で進めており、16年3月に米国、カナダで農薬登録を申請している。同契約では、日本を含むアジアの一部の国では、両社が開発・商業権を持っているが、BASF社は日本国内における独占開発・商業化権取得についてMeiji社と合意し、国内における同剤の開発を開始することにした。
 BASFジャパンの化学品・農薬統括本部農業事業マーケティング部ディビジョンヘッドの奥村博氏は「同剤は、BASFが国内でとくに注力している野菜・果樹・畑作物において、効果的な防除のソリューションとなります。同剤によってわが社は薬剤抵抗性発達の懸念が高く、病気も媒介するアブラムシ類などの害虫を防除する新しい製品の提供が可能になるので、一日も早い登録・上市を目指します」と語っている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ