農薬 ニュース詳細

2018.12.07 
疫病菌やべと病に効果 ダウが新製品を発売一覧へ

ゾーベックエンカンティア(左)、ゾーベックエニベル ダウ・アグロサイエンス日本が、疫病菌やべと病に有効作用をもたらすゾーベック(一般名:オキサチアピプロリン)に作用性の異なる成分を加えた混合剤「ゾーベックエンカンティア」と「ゾーベックエニベル」を発売する。
 ともに茎や葉からスムーズに薬効成分が吸収され、耐雨性にも優れているのが特徴。また、病原菌の生活環すべてにわたり作用する。
 なお、「ゾーベックエンカンティア」はばれいしょ、レタス、ハクサイに効果的で「ゾーベックエニベル」はトマト、キュウリ、ブドウに効果がある。

 

 

(※写真をクリックすると大きな写真が表示されます)

 

(関連記事)
【世界の農業を考える CORTEVAのトップに聞く】大事なことは共同して取り組むこと(1)(18.11.01)
待望のウンカ剤ついに登場!  JA全農とデュポンが開発したピラキサルト(18.09.25)
斑点米カメムシや吸汁性害虫に効果 ダウが新剤(18.01.26)
ダウ・デュポン 対等な経営統合が完了(17.09.05)
トウモロコシ・ハイブリッド種子事業を売却 ダウ・ケミカル(17.07.18)
「疫病」・「べと病」に卓越した効果 新規殺菌剤「デュポンゾーベックエニケード」上市 デュポン(16.04.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ