農薬 ニュース詳細

2018.09.25 
待望のウンカ剤ついに登場!  JA全農とデュポンが開発したピラキサルト一覧へ

 JA全農とデュポン・プロダクション・アグリサイエンス(株)(以下、デュポン)が開発を進めてきたウンカ類に卓効を示す新規有効成分、ピラキサルト(一般名:トリフルメゾピリム)がゼクサロン箱粒剤として農薬登録を9月21日に取得した。同日JA全農が公表した。

待望のウンカ剤ついに登場!  JA全農とデュポンが開発したピラキサルト ゼクサロン箱粒剤 ウンカ類は西日本を中心に発生するイネの重要害虫で、3種類のウンカ(セジロウンカ、トビイロウンカ、ヒメトビウンカ)による被害が確認されているが、既存の農薬に抵抗性をもつ個体が増えており、早急な対策が求められていた。
 デュポンと全農は抵抗性ウンカ類にも卓効を示すと同時に、水稲への安全性が高く、かつ残効も長い同成分に着目し、平成25年から共同開発を進めており、現場からも1日も早い同剤の登場が待たれていたが、それが実現したことになる。
 なお、ゼクサロン(TM)箱粒剤は単剤としての発売予定はなく、同成分含有製品は来年産向けに今後上市される予定となっている。

 

【概要】
◎名称:ゼクサロン(TM)箱粒剤(トリフルメゾピリム粒剤)
◎登録日:平成30年9月21日
◎本剤の特長:
(1)イネの重要害虫であるセジロウンカ、トビイロウンカ、ヒメトビウンカ全てへ卓効を示し、かつ長期の残効性がある。
(2)新しい作用性で既存の農薬に抵抗性を有する個体にも効果を発揮する。
(3)水稲への安全性が高く、また有用生物への影響が少ない。

ゼクサロン箱粒剤 登録申請中混合剤(上の表をクリックすると大きな画像が表示されます。)

  

(関連記事)
【現場で役立つ農薬の基礎知識2018】水稲の本田防除 計画的予防散布で確実に防除(18.06.06)
新規水稲育苗箱用殺虫殺菌剤「ハコナイト粒剤」を発売 住友化学(18.03.16)
斑点米カメムシや吸汁性害虫に効果 ダウが新剤(18.01.26)
水稲育苗箱用殺虫殺菌剤「箱大臣粒剤」を発売(17.02.27)
ミネクトシリーズ3剤登場◆シンジェンタ ジャパン(株)(17.01.24)
いもち病に卓越した効果 トルプロカルブ剤に期待 三井化学アグロ・北興化学工業(16.06.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ