農薬 ニュース詳細

2019.04.18 
水稲の種子消毒を適切に 「平成31年度 病害虫発生予報第1号」一覧へ

 農林水産省は、4月17日、「平成31年度 病害虫発生予報第1号」を発表した。

 向こう1か月の主な作物の発生予察情報(発生予報)は次の通り。

【水稲】
 昨年、いもち病、もみ枯細菌病、ばか苗病等の種子伝染性病害の発生が多かった地域では、種子消毒等を的確に実施し、健全な苗の育成に努めること。特にいもち病及びばか苗病については、一部の薬剤に対して耐性菌が発生していることから、都道府県から提供される発生予察情報等を参考に効果的な薬剤による防除または、温湯による処理を実施しすること。

 

【麦類】
 赤かび病は、本病に感染しやすい時期を捉えた防除が重要で、麦の種類ごとに防除時期が異なる。昨冬から今春にかけて気温の上昇が大きかった地域では、麦の生育が当初の予測よりも早まる。
 すでに、出穂が早まったほ場もあるため、都道府県の提供する発生予察情報等を参考に、地域ごとの防除適期を確認して的確に防除を実施すること。
なお、防除適期に降雨が続く場合は、降雨の合間に防除を実施すること。

 

【いちご】
 灰色かび病の発生が、北陸及び東海の一部の地域で多くなると予想されてる。本病は気温20度前後で発生が拡大しやすく、多湿条件で発病が助長されることから、換気等により施設内の湿度調節に努めること。
 また、伝染源となるり病部は早期に除去するとともに、耐性菌の発生を考慮して、効果の高い薬剤を選定し、散布むらがないよう的確に散布するなど、都道府県の発表する発生予察情報等を参考に適切に防除を実施すること。

 

【たまねぎ】
 べと病は、越年り病株(秋期に苗床や本圃で感染した苗や株であって、年明け以降に生育不良や葉の湾曲等の症状を示したもの)が伝染源となり、降雨により二次伝染が助長される。3月下旬に岡山県から注意報が発表され、防除の徹底が呼びかけられている。前年に本病が多発した地域や越年り病株が見つかった地域では、ほ場内をよく観察し、越年り病株の抜き取りや薬剤による防除を徹底すること。

 

【果樹共通】
 果樹カメムシ類の発生が、南関東及び中国の一部の地域で多くなると予想されており、越冬調査における成虫捕獲数が多かったとして、4月上旬に神奈川県から注意報が発表されている。山林等の越冬場所から離脱した成虫が春の気温の上昇とともに餌を求めて移動し、うめ、びわ等を加害する。昨年夏以降に本虫の発生が多かった地域では、越冬成虫の発生が多くなるおそれがあるため、注意が必要。
本虫の飛来状況は地域や園地により異なるため、都道府県の発表する発生予察情報等を参考にしつつ、園内の観察をきめ細かく行い、飛来が認められた場合は、飛来初期から防除を実施すること。

 

【もも】
 せん孔細菌病は、春期に枝に形成される春型枝病斑(スプリングキャンカー)が伝染源となり、降雨や風により発生が助長される。前年の発生が多かった地域では、当該病斑が形成されやすい環境となっているため発生が多くなると予想される。園内を注意深く観察し、発病枝が確認されたら確実に除去すること。

 

【りんご】
 黒星病の発生が、北東北の一部の地域で多くなると予想されている。昨年の発生量が多かった地域では、伝染源が多くなっていると予想されることから、特に注意が必要。対策に当たっては、伝染源となるり病部の除去、薬剤散布等の防除を実施すること。
 また、一部の薬剤に対して耐性菌が発生しているため、都道府県から提供される発生予察情報等を参考に効果的な薬剤による防除を実施すること。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ