Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カンタスドライフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新規殺虫剤「オーケストラ フロアブル」5月に発売 日本農薬2021年3月15日

一覧へ

日本農薬は、2020年9月に日本で農薬登録を取得した新規水稲用殺虫剤「オーケストラ フロアブル」を5月25日に発売する。

「オーケストラ フロアブル」は、日本農薬が独自に発明した新規有効成分ベンズピリモキサン(Benzpyrimoxan)を含有する製品。この有効成分は水稲の難防除害虫であるウンカ・ヨコバイ類幼虫の脱皮を特異的に阻害して害虫の密度を抑制し、既存剤に感受性が低下した個体群に対しても高い防除効果を示す。

また、人畜や水生生物などへの影響が少なく、多くの天敵・有用昆虫に対する影響や作物に対する薬害リスクが低いことが確認されている。同社は、農作物の安定生産に貢献できる製品として、国内水稲市場での普及販売を進めており、農業生産現場の様々な防除ニーズに対応できるよう無人航空機散布への適用拡大を申請中。さらに、適用病害虫の拡大を目指した混合剤「オーケストラロムダンモンカットエアー」を登録申請予定で、すでに申請中の「オーケストラロムダンモンカット粉剤」と「オーケストラスタークルエアー」と併せて2022年以降の国内上市を予定している。

また、海外市場でも順次、開発を進めており、インドをはじめアジア広域での水稲の安定栽培に貢献することで日本農薬グループのビジネス最大化を図る。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る