ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

新規有効成分「オキサゾスルフィル」含有 水稲育苗箱施用剤を販売開始 住友化学2022年1月12日

一覧へ

住友化学は、新規有効成分オキサゾスルフィル(一般名)を含有する水稲育苗箱施用剤「アレス箱粒剤」と合剤「スタウト アレス箱粒剤」の国内販売を開始した。

アレス箱粒剤アレス箱粒剤

オキサゾスルフィルは、住友化学が2020年までに主要市場向けの登録申請を完了するパイプラインの一つとして独自に発明した殺虫成分。初期害虫やウンカ類、イナゴ類、チョウ目など水稲の主要害虫をはじめ、広範な害虫に卓効を示す。また、植物防疫では薬剤抵抗性害虫への対処が課題となっているが、オキサゾスルフィルは抵抗性を持った害虫に優れた効果を示すため、水稲栽培における新たな防除手段として期待されている。

オキサゾスルフィルを含む製品は、農薬の使用回数の削減を通じて農業生産者の省力化および環境負荷低減に貢献。また、使える農薬成分数が制限される特別栽培米向けの防除体系資材の一つとして適用が見込まれる。さらに、水稲への安全性が高く、播種前および播種時から移植当日まで広い時期で使える。

同社は、オキサゾスルフィルを単独の有効成分とした「アレス箱粒剤」のほか、植物の病害抵抗性を高める殺菌成分イソチアニルを含有し、いもち病などの病害に対しても効果を発揮する「スタウト アレス箱粒剤」を製品ラインアップに追加。また、同社が供給するオキサゾスルフィルを含有する製品としては、クミアイ化学工業から「ブーン アレス箱粒剤」が、協友アグリから「稲名人 箱粒剤」がそれぞれ販売される予定。

スタウトアレス箱粒剤スタウトアレス箱粒剤

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る