秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

米国などで新規除草剤「ラピディシル®」の農薬登録申請を実施 住友化学2022年5月13日

一覧へ

住友化学は4月26日に米国、カナダ、アルゼンチン、ブラジルにおいて新規除草剤「ラピディシル®」の農薬登録申請を実施した。

「ラピディシル®」(一般名:エピリフェナシル)は、住友化学が独自に開発した有効成分で、A2020(住友化学が2020年代前半に登録申請を開始するパイプライン)のうち最大のポテンシャルを持つ剤と位置付けられている。同剤はPPO阻害剤と呼ばれる除草剤に属し、社内外での圃場評価において幅広い広葉雑草に優れた効果を示すことに加え、イネ科雑草に対しても効果を示す茎葉散布処理剤。既存の除草剤と比べ、速効性に優れ、より少ない薬量で効果を発揮することから、サステナブルな農業が求められる世界的潮流の中で、環境負荷低減につながる新たな選択肢として期待されている。「ラピディシル®」を含有する製品は、各国での規制当局承認後の2020年代中ごろから順次、上市を見込んでいる。

今回、農薬登録を申請した北米や南米の大豆やトウモロコシなどの畑では、播種前に土を耕さない不耕起栽培が主流となっており、土壌の保全に加えて、耕した場合と比べて二酸化炭素の排出が抑制できるため、環境負荷の低い農法として注目されている。多様な雑草に効果を示す「ラピディシル®」は、作物播種前の雑草防除に相応しく、不耕起栽培に適した性能を有しており、カーボンニュートラルへの貢献が期待できる。また、住友化学とグローバルな協力関係を構築しているバイエル社が現在開発を進めているPPO阻害剤耐性作物と組み合わせることで、作物生育期での使用が可能となる。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る