2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農薬の市場規模 2026年に2925億6000万米ドル到達予測2022年8月31日

一覧へ

グローバルインフォメーションは8月29日、市場調査レポート「農薬の世界市場の分析 (2022年)」(The Business Research Company)の販売を開始した。

同レポートによると、農薬の市場規模は、2021年の2214億7000万米ドルから年平均成長率(CAGR)7.7%で成長。2022年に2386億3000万米ドルとし、さらに2026年には2925億6000万米ドルに達すると予測されている。

農薬市場は、事業体(組織、個人事業主、パートナーシップ)による、農地で畑や作物の養分を改善するために使われる農薬の販売で構成されている。農業分野における生態系管理のために使用される農薬、除草剤、肥料のことで、その初歩的なバリエーションは、数千年前から作物の収量向上や農業害虫の個体数抑制のために使用されてきた。

農薬の主な種類は、窒素肥料、リン酸肥料、カリ肥料など。窒素を含む肥料は、植物の成長を早め、より多くの作物を収穫できるようにする。農薬の種類には殺菌剤、除草剤、殺虫剤などがあり、作物ベースと非作物ベース用途で使われる。2021年の農薬市場では、北米が最大地域となり、アジア太平洋地域は、今後最も急速に成長する地域になると予想されている。

人口の増加とそれに伴う食品需要の増加は、今後、農薬市場の成長を促進すると予想される。食品とは、タンパク質、炭水化物、脂質、その他の栄養素からなる物質で、生物の体内で成長、生命維持、エネルギー供給のために使われるものを指す。

人口の着実な増加は、食料需要と農薬市場の成長に正比例している。国連は、世界の人口は2021年の77億人から2050年には97億人と、今後30年間で20億人増加することが予想。また、イギリスの出版社Intechnopen社によると、2050年までに世界の食料需要が70%増加すると予想されている。人口の増加とそれに伴う食料需要の増加が、農薬市場の成長を後押しする。

農薬市場では、戦略的パートナーシップとコラボレーションが人気を集める主要なトレンドとして浮上。農薬分野で事業を展開する主要企業は、市場での地位を強化するためにパートナーシップを模索している。

2019年9月、中国に拠点を置く農薬メーカーのAdama Ltdは、高度なコンピュータビジョン、データサイエンス、深層学習アルゴリズムを使って効果的に畑を監視している、イスラエル拠点の農業インテリジェントプラットフォーム企業のTaranisと提携した。これにより、Adamaは生産者や農業専門家に、農業投入物の効果的かつ効率的な利用を可能にするソリューションを提供することが出来るようになった。さらに、2022年1月には、ドイツに拠点を置く化学企業のBASFが、Innospecと協業。このコラボレーションにより、BASF社はポートフォリオを拡大し、DCI-11 Plus ClearTrakを業界最高レベルの販売・技術サポートとともに提供することが可能になった。Innospec社は、米国に本社を置く化学会社。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る