人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

うどんこ病専用殺菌剤「クロスアウトフロアブル」「カッシーニフロアブル」上市 石原バイオサイエンス2023年12月5日

一覧へ

石原バイオサイエンスは、「クロスアウトフロアブル」、「カッシーニフロアブル」の2製品を、2024農薬年度より販売開始する。

今回上市する2製品は、表皮寄生性及び内部寄生性のうどんこ病に安定した効果を発揮する有効成分"ピリオフェノン"を含有するうどんこ病専用殺菌剤。
「クロスアウトフロアブル」は、「プロパティフロアブル」の後継剤として、耐性菌リスク管理を考慮して適用作物を選択し、新たな商品名で販売いたします。尚、うり類などの耐性菌リスクの高い作物については、本有効成分とイミノクタジンアルベシル酸塩との混合剤「石原ラミック顆粒水和剤」の使用を推奨している。
「カッシーニフロアブル」は、りんご、小麦のうどんこ病専用殺菌剤として、有効成分含有量や製剤処方を最適化し、より使用しやすい製品として販売する。
「農家の皆様に貢献できる薬剤であることを期待しております。」と同社は語る。

【特長】
1.うどんこ病に優れた効果を示す。
2.サニテーション効果(まん延防止効果)により、病害の拡大を抑える。
3.マルチスプレッド効果で安定した防除効果を発揮する。
4.有用昆虫や天敵に影響がほとんどなく、総合防除(IPM)に適している。

なお、2014年の上市以来、うどんこ病防除剤として販売している「プロパティフロアブル」は、うどんこ病耐性菌管理を強化する為に2024農薬年度以降在庫限りで販売終了となる。

ピリオフェノン含有製品の販売とプロパティフロアブル販売終了予定(2023年12月現在)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る