人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

サステナビリティ株価指数に組み入れ UPL2023年12月22日

一覧へ

UPL Ltd.は、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI)及び ダウ・ジョーンズ・エマージング・マーケット・インデックスに農薬会社で初めて採用された。

UPLは、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスとダウ・ジョーンズ・エマージング・マーケット・インデックスの両方に採用されたことを発表した。これらは、持続可能性のパフォーマンスにおいて最も優れた企業のみを選出の対象としており、今回の組み入れは、11月に発表された S&P グローバル 2023 コーポレート・サステナビリティ・アセスメントにおいて、農薬部門で最高得点を獲得した同社の卓越したパフォーマンスに基づいている。

ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスは、環境・社会・ガバナンス(ESG)に関する世界的に有名な "持続可能性格付け" の一つ。ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス ワールド インデックスには、世界の主要企業の業種別上位10%が含まれ、持続可能な開発におけるベスト・プラクティスを反映。同様に、ダウ・ジョーンズ・エマージング・マーケット・インデックスは、新興市場の大企業800社のうち上位10%を評価するもので、それぞれ優れたESGの実践が評価されている。

UPLグループの会長 兼 グループ CEOであるジャイ・シュロフ氏は、「農薬会社として初めてダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックスおよび ダウ・ジョーンズ・エマージング・マーケット・インデックスに採用されたことを大変誇りに思います。これは、持続可能性を定義し直すという当社の使命において極めて重要な出来事でした。同時に顧客、パートナー、従業員、そして地球にとってより良い未来に向けた当社の継続的な旅を象徴するものです。」と述べた。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る