人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

適用拡大情報 殺虫剤「べリマークSC」、「ベネビアOD」、「プリロッソ粒剤オメガ」 FMC2023年12月22日

一覧へ

エフエムシー・ケミカルズ株式会社(FMC)は、12月20日付にて「べリマークSC」、「ベネビアOD」、「プリロッソ粒剤オメガ」の適用拡大を発表した。

変更内容は下記の通り。

1.べリマークSC
【変更内容】
・作物名「キャベツ」、「はくさい」、「ブロッコリー」、「レタス」、及び「非結球レタス」に、適用病害虫名「シロイチモジヨトウ」を追加
・作物名「レタス」、及び「非結球レタス」に、適用病害虫名「コオロギ類」を、使用時期「定植当日」にて追加
・作物名「こまつな」を、適用病害虫名「アオムシ」、「コナガ」、「アブラムシ類」、希釈倍数「4000倍」、使用液量「0.2 L/m2」、使用時期「収穫7日前まで」、使用方法「株元灌注」にて追加し、作物名「非結球あぶらな科葉菜類(こまつなを除く)」を「非結球あぶらな科葉菜類」に変更
・作物名「ピーマン」の適用病害虫名「アブラムシ類」に、希釈水量「400株当り200L(1株当り500mL)」を使用時期「定植直後」及び使用方法「株元灌注」にて追加
・作物名「ピーマン」のシアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理及び定植直後の株元灌注は合計1回以内、定植後の散布は3回以内)」に変更
・作物名「なす」、「メロン」及び「すいか」の適用病害虫名「アブラムシ類」に、希釈水量「400株当り200L(1株当り500mL)」を使用時期「定植直後」及び使用方法「株元灌注」にて追加

2.ベネビアOD
【変更内容】
・作物名「はくさい」に適用病害虫名「シロイチモジヨトウ」を希釈倍数「2000~4000倍」、使用液量「100~300L/10a」及び使用時期「収穫前日まで」にて追加
・作物名「レタス」、「非結球レタス」に適用病害虫名「シロイチモジヨトウ」を希釈倍数「2000~4000倍」、使用液量「100~300L/10a」及び使用時期「収穫前日まで」にて追加
・作物名「いちご」に適用病害虫名「チバクロバネキノコバエ」を希釈倍数「2000倍」、使用液量「100~300L/10a」及び使用時期「収穫前日まで」にて追加
・作物名「えだまめ」、「だいず」の適用病害虫名「アブラムシ類」の希釈倍数「2000倍」を「2000~4000倍」に変更
・作物名「えだまめ」、「だいず」の適用病害虫名「アブラムシ類」において、希釈倍数「32倍」での使用液量「1.6~2.4L/10a」を「0.8~2.4L/10a」に変更
・作物名「ねぎ」に適用病害虫名「ネギコガ」を希釈倍数「2000倍」、使用方法「散布」及び使用液量「100~300L/10a」にて、また希釈倍数「20倍」、使用方法「無人航空機による散布」及び使用液量「1~2L/10a」にて追加
・作物名「未成熟とうもろこし」の適用病害虫名「ムギクビレアブラムシ」を「アブラムシ類」に変更
・作物名「ピーマン」のシアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理及び定植直後の株元灌注は合計1回以内、定植後の散布は3回以内)」に変更

3.プリロッソ粒剤オメガ
【変更内容】
・作物名「ピーマン」のシアントラニリプロールを含む農薬の総使用回数を「4回以内(定植時までの処理及び定植直後の株元灌注は合計1回以内、定植後の散布は3回以内)」に変更
・作物名「ねぎ」に適用病害虫名「シロイチモジヨトウ」を追加

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る