人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

新規果樹・畑作用殺虫剤「ミネクトエクストラSC」販売開始 シンジェンタ2024年4月3日

一覧へ

シンジェンタジャパン株式会社は、2023年2月22日に農薬登録を取得した新規果樹・畑作用殺虫剤「ミネクトエクストラSC」(農林水産省登録 第 24744号)の販売を2024年4月17日より開始する。

果樹・畑作用殺虫剤「ミネクトエクストラSC」果樹・畑作用殺虫剤「ミネクトエクストラSC」

ミネクトエクストラSCは、ジアミド系殺虫成分シアントラニリプロール(IRACグループ:28)と、IGR系殺虫成分ルフェヌロン(IRACグループ:15)を組み合わせた果樹・畑作用殺虫剤。
作用機作が異なる2つの有効成分を組み合わせることにより、チョウ目、アザミウマ目、ダニ目、コウチュウ目等の幅広い害虫種に対して優れた防除効果と残効性を示す。また、独自の高濃度フロアブル製剤が、作物への高い安全性と高濃度少水量散布による省力化を実現した。
近年、温暖化による害虫の多発や、発生種の変動等より幅広い害虫に省力的に効果を有する薬剤のニーズが高まっている中、高濃度少量散布に適した、抵抗性管理に優れる Sustainable な薬剤ミネクトエクストラSCが、果樹・畑作生産者の課題の解決に貢献できる。

<製品特長>
1.幅広い害虫スペクトラムを有する2種類の有効成分
幅広い殺虫スペクトラムを持つシアントラニリプロールに対し、ルフェヌロンを組み合わせることで特に吸汁性害虫におけるスペクトラムを補完し、同時防除性に貢献する。
2.害虫のあらゆる生育ステージに作用
2つの有効成分が害虫のあらゆる生育ステージに作用し、卵から成虫、さらに次世代まで害虫の密度を抑制する。
3.独自の高濃度フロアブル製剤
薬害や汚れが少ない製剤を実現した。
4.天敵類に対する高い安全性
カブリダニ類をはじめとする各種天敵類に対して安全性が高く、IPM防除に適している。

<製品概要>
・農林水産省登録:第24744号
・有効成分:シアントラニリプロール16.9%、ルフェヌロン:16.9%
・作用機構分類番号(RAC番号):殺虫剤分類 28,15
・毒物及び劇物取締法:非該当
・販売規格:100ml×20本
・販売開始時期: 2024年4月17日
・販売流通:系統/商系
・販売会社:シンジェンタジャパン株式会社

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る