人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ヤマト農磁と協業 農業用大型ドローン「P100 Pro」軸に精密農業を加速 バイエル 2024年6月28日

一覧へ

バイエル クロップサイエンスとヤマト農磁はバイエル クロップサイエンスが、日本における販売代理店となったXAG Co., Ltd. 社の高性能農業用大型ドローン「P100 Pro」を軸に協業を開始。作付面積が拡大する大型農家の作業効率化や省力化につなげ、日本における精密農業を加速する。

高性能農業用大型ドローン「P100 Pro」高性能農業用大型ドローン「P100 Pro」

「P100 Pro」は、液剤50L、粒剤50kgの最大積載量を誇る二種類の大容量散布装置を備え、専用アプリケーションで設定した作業エリア、散布量、飛行ルートなどに基づき、完全自動航行を実現する。また、二種類の散布装置は、ワンタッチで切り替えられ、液剤は最大22L/min、粒剤の吐出能力は最大150kg/minと、1台で様々な作物に対する散布作業を可能にする。ワンタッチで折りたたみ可能な機体は、展開時と比べ約62%小さくできるため運搬や保管にも便利。

日本では農家の高齢化、離農に伴う担い手不足、大規模化が進む中、担い手の省力化に貢献するソリューション開発が急務となっている。両社の協業により、バイエル クロップサイエンスが保有する、水稲、畑作、野菜および果樹の豊富な農薬ポートフォリオや「水田雑草 テーラーメイド防除®」をはじめとしたテーラーメイドソリューションと、ヤマト農磁が保有する農薬・肥料の散布技術で連携。市場および農家の要望に即したソリューション開発を通じて、ドローンを活用した精密農業の加速を目指す。

◎「P100 Pro」特長】
・液剤50L、粒剤50kgが搭載可能な大容量散布装置を備え、最大10メートルの散布幅を実現する高性能農業用大型ドローン

・最大22L/minの液体散布装置と最大150kg/minの吐出能力を有する粒剤散布装置をワンタッチで切り替え可能

・液滴サイズの変更、作業面積に対して必要な予定容量の計算が可能

・ワンタッチで折りたため、展開時の大きさと比べ機体を62%小さくすることで運搬や保管を容易に

・急速充電器 (GC4000+)と冷却装置を利用することで、最短11分で充電

液剤散布装置 RevoSpray P3液剤散布装置 RevoSpray P3

粒剤散布装置 RevoCast P3粒剤散布装置 RevoCast P3

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る