左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

施策の充実と復興庁の役割発揮を パルシステム2013年9月20日

一覧へ

 生協のパルシステムは、9月20日に政府復興庁に対して「被災者生活支援等推進に関する基本的な方針」(案)に対して意見を提出した。

 政府復興庁は8月30日に、6月に国会で成立した「原発事故子ども・被災者支援法」(東京電力原子力事故により被災した子どもをはじめとする住民等の生活を守り支えるための被災者の生活支援に関する施策の推進に関する法律)に基づき「被災者生活支援等推進に関する基本的な方針(案)」を発表し、パブリックコメント募集していた。
 パルシステムは、支援の範囲適用を福島県内に限定しないこと、被災者の実態に沿った施策の充実、意見や要望をすくいあげる機会の設定などを求める意見書を9月20日に提出した。
 また、パルシステムでは、避難している当事者や弁護士、NPOなどと連携して8月26日に「原発事故被害者の救済を求める全国運動 実行委員会」を立ち上げ、原発事故子ども・被災者支援法の実行を伴った早期の実施と、来年3月に時効をむかえる損害賠償請求権の問題解決を求めて、署名運動などを行っている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る