Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

朝食と朝の飲み物調査 タキイ種苗 2015年5月8日

一覧へ

飲み物の過半は野菜ジュースを支持

 タキイ種苗(株)は、新年度が始まって1ケ月経ったこの時期に、20代から60代の男女356名を対象に、<朝食と朝の飲み物調査>を実施した。

 朝から活発に頭や身体を動かすためには、朝ごはんがエネルギー源として重要とされている。今回同社は、「朝ごはんを食べているか」、「朝ごはんの所要時間」、「朝に飲んだ方が良いと思う飲み物」、「朝によく摂る野菜」など、朝ごはんについて多岐にわたる調査を行った。
 その結果、8割以上が朝ごはんを食べていると回答し、その平均所要時間は12分だった。また「朝に飲んだ方が良いと思う飲み物」については、「野菜ジュース」(51.4%)や「ベジスムージー(野菜を使ったスムージー)」(35.1%)など、野菜を中心とした飲み物が支持を集めた。但し朝に飲むことが多い飲み物の第1位は「コーヒー」(52.5%)だった。
 その他にも、「朝によく食べる野菜」については、「トマト」が最も多い回答となった。「野菜ジュース」や「ベジスムージー」も含め、身体に良さそうな野菜についても同じく「トマト」が回答を集め、トマトが朝ごはんのレギュラー野菜であることが分かる結果となった。
 タキイでは、今回の結果を受け、朝に手軽に食べられる品種として、リコピンが豊富な中玉トマト「フルティカ」や、色と味が良くジュースやサラダに最適なニンジン「恋ごころ」の紹介に注力していく方針だ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る