左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食品産業の取引慣行実態を調査 食品産業センター2015年6月19日

一覧へ

 一般財団法人食品産業センターはこのほど「平成26年度食品産業における取引慣行の実態調査報告書」を公表した。

 食品産業センターは大規模小売業による優越的地位の濫用問題に取り組んでおり平成7年から実態調査を行ってきた。
 26年度の調査は今年2月に実施し363社から回答を得た。
 「協賛金の要求があった」とする回答は全体で31.1%。「従業員の派遣要請があった」は全体で26.2%。「不当な値引きの要求」はすべての業態で「ない」が多数を占め全体で88%だった。「買い叩きの要求」はすべての業態で「ない」が多数を占め88%だった。
 同センターでは前回の調査結果にくらべて協賛金や従業員派遣の要請などの割合は減少したものの、要請があった場合は「すべて応じざるを得ない」、「ほとんど応じている」との回答割合が増えており、製造業者の負担感は依然として大きい状況が続いているとの結果になったとしている。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る