Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「たべる、たいせつ」をテーマに コープみらい"きやっせ物産展2016"2016年2月29日

一覧へ

 千葉・埼玉・東京の1都2県を事業エリアとするコープみらいの「コープみらいフェスタ きやっせ物産展2016」が、2月28日に幕張メッセ(千葉市)で開催された。

「たべる、たいせつ」をテーマに コープみらい このフェスタは、コープみらいが誕生した2013年から、年に一度開催。コープ商品づくりに協力している取引先が参加し、コープの商品や産直品の試食・販売、食育「たべる、たいせつ」の活動を紹介する一大イベントだ。
 今回は、JA全農ちばや産直産地の協議会であるコープみらい千葉県産地協議会、JA全農ミート、JA全農パールライスなど100を超える取引先や生産者が参加し、千葉県産の新鮮な農産物の直売、肉・魚・冷凍食品、生活用品などの商品を取り揃えて販売する「お買い物・食べるエリア」、かつお節の削り方を子どもたちが体験しながら学ぶ「かつお節削り体験」など親子で楽しめる食育体験を実施する「食育『たべる、たいせつ』体験エリア」など、会場を5つに分け、来場者が楽しみながらフェスタに参加できるような工夫がされていた。
 温かく晴天にも恵まれたこともあって、会場には生協のイベントらしく親子連れ、家族連れが多くみられ、3万人近くが来場した。数あるコーナーのなかでももっとも人気があり、試食や買い物のために行列ができたブースが多かったのは「お買い物・食べるコーナー」で、新鮮な野菜や食品が入った大きな袋を両手に持つ人やキャリーバックを引く人たちで、閉会まで混雑していた。「たべる、たいせつ」をテーマに コープみらい(写真)会場入り口、新鮮な野菜や食品が人気に、家族連れなどで終日会場は賑わっていた

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る