左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「FOOMA JAPAN2017」11月1日より出展申込受付開始 (一社)日本食品機械工業会2016年10月12日

一覧へ

 一般社団法人 日本食品機械工業会(林孝司会長)は,2017年6月13日~16日までの4日間、東京ビッグサイトで、「食の未来への羅針盤」をテーマに「FOOMA JAPAN2017国際食品工業展」を開催する。

 「FOOMA JAPAN」は、食品製造プロセスの上流から下流まで、あらゆる分野の製品や技術およびサービスなどが一堂に集結する「食の技術」の総合トレードショーだ。
 会場内では出展社と来場者のみならず、出展社同士の商談も活発に行われる。「FOOMA JAPAN」には例年、国内外から約10万人が来場するが、2016年は海外からの来場者が前年の1.5倍に増加するなど、新たな食のビジネスを切り拓く国際展示会として、海外からの注目度も年々高まってきている。
 1987年の初開催から、40回目となる来年は、より多くの企業に出展機会とビジネスチャンスの提供を実現するため、新設の7~8ホール(合計1万5000㎡)を加え、会場を拡大して開催する。
 同展事務局では、来年の開催に向け、11月1日から一般(日本食品機械工業会の非会員企業)企業の出展申し込み受付けを開始する。
 募集対象は、「原料処理」、「食品製造・加工(菓子・パン・肉・水産物・農産物・麺類・飲料・乳製品など)」、「エンジニアリング・生産流通システム・IT・ITソリューション」、「鮮度管理・品質保持」、「包装・充填」「保管・搬送・移動」、「計測・分析・検査」、「衛生対策・管理」、「環境対策・リサイクル」、「設備機器・技術・部品」、「コンサルタント・特許」、「情報サービス・団体」などの12分野。申し込み締切は11月21日。
※本件に関する問い合わせは、FOOMA JAPAN事務局 TEL:03-6809-3745まで。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る