Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

インドネシアで初のテストキッチン事業-JETRO2016年10月21日

一覧へ

 日本貿易振興機構(JETRO)はインドネシアで初めてテストキッチン事業を実施し、日本の外食産業5社が参加すると10月20日に発表した。

 会場はジャカルタ中心部にある大型ショッピングモール「コタカサブランカモール」。出店企業はインドネシアへの店舗展開を検討する外食産業5社。今年5月にインドネシアはレストランでも外資規制が緩和された。会場のショッピングモールは中間層から富裕層向け地場系施設で、平日は8000人から1万人の来客があるという。
 出店企業はこの事業への参加を通じて食材や調理機器の現地調達先、価格、現地スタッフの雇用、現地消費者の評価など、出店時に必要な情報を入手することができる。
 期間は10月31日から11月13日。
 出店するのは▽(株)テイクユー(濃厚鶏白湯ラーメン)、▽森永牛乳配給(株)(大福、団子など)、▽(株)ヤタロー(富士山鯛焼)、▽(有)リバーサイド(海鮮丼など)、▽(株)リンガーハット(長崎チャンポンなど)。
 インドネシアは2011年に1人あたりの名目GDPが3000ドルを超え、消費市場が急速に拡大すると見込まれている。人口は約2億5000万人で世界4位。今後も増加が見込まれている。
 JETROは、インドネシアは消費市場の拡大、発展が期待でき、今回の事業が日本食、食文化のさらなる普及の一歩となることをめざしている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る