左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本人の8割超が「トマト好き」 タキイ種苗が「トマトに関する意識調査」2017年10月10日

一覧へ

 10月10日は「トマトの日」だ。これにちなんで桃太郎ブランドで知られるタキイ種苗が20から60歳代の男女を対象に「トマトに関する意識調査」を実施した。

トマト この調査によれば、トマトが「好き」(54.3%)と「どちらかといえば好き」(29.7%)との回答が84%ともあり、昨年の80.3%からさらに上昇し、「改めてその人気ぶりが証明される結果」となっている。
 トマトが好きと回答した人にその理由を聞くと、「おいしいから」が77.8%ともっとも多く、次いで「健康に良いと思うから」が40.5%、「リコピンが豊富だから」36.5%、「栄養があると思うから」33.7%となっている。「おいしさ」だけではなく、リコピンなど豊富な栄養素があることから健康面で注目されているということのようだ。
 トマトをどれくらいの頻度で食べるかという質問では、「週に1回以上食べる」と72.3%が回答。「毎日」(7.3%)、「ほぼ毎日」(13.3%)と2割以上の人がほぼ毎日トマトを食べているという。
 また、トマトを購入するときの選び方は、現在の世相を反映してか「価格」が63%ともっとも多く、次いで「形・見た目」が50%となっている。「味」は39.0%、「新鮮さ」は36.7%だった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る