食品流通 ニュース詳細

2020.02.04 
「"イエナカ"でゆったり」とすごしたい バレンタインと食事に関する調査一覧へ

 霧島酒造(宮崎県都城市)は、全国47都道府県20~50代の男女4831名を対象に、「バレンタインと食事に関するインターネット調査」を行った。

 バレンタインはどこで過ごしたいかの問いに、「自宅」を選んだ男性が71.0%、女性は73.3%でバレンタインは"イエナカ"でゆっくりと過ごしたい人が多い傾向がみられた。


ヴァレンタインアンケート1


 バレンタインにプレゼントを渡す予定がある女性は54.9%、男性は28.3%。プレゼントの予算は男性が3000円以内、女性は2000円以内だった。

 また、バレンタインに食べたいものとして、男性はチョコレートではなく「手料理」(33.6%)が1位。作ってほしい手料理としては、「ビーフシチュー」や「ステーキ」、「グラタン」、「ローストビーフ」など普段より少し特別な料理が上位に入った。


ヴァレンタインアンケート2


 そのほかにも、バレンタインは家で手料理と一緒にお酒を飲みたい人が約半数。飲みたいお酒について都道府県ごとに見てみると、焼酎は「徳島」「鹿児島」「宮崎」がトップ3だった。
 また、バレンタインに一緒にお酒を飲みたい芸能人では、男性からは女優の新垣結衣、女性からは芸人の明石家さんまが人気がトップだった。


ヴァレンタインアンケート3

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ