食品流通 ニュース詳細

2020.03.26 
チェーンストア販売2月度 医薬・化粧品伸びる 日本チェーンストア協会一覧へ

 日本チェーンストア協会は3月24日、2月度の「チェーンストア販売統計(月報)」の速報を公表した。

 チェーンストアの部門別販売額と前年同月比(店舗調整後)は次のとおりとなった。

 新型コロナウイルス感染症の影響からいわゆる内食が増えた影響で食料品の売り上げが増加したことや、感染リスクを減らすためマスクや消毒薬などの購入が増えたことから「医薬・化粧品」の販売額が前年同月比115.4%(店舗調整後)と大きく増加し、総販売額は、9376億2117万円(104.1%)となった。

 その主な内訳を見ると次のとおりとなっている。

「チェーンストア販売統計」令和2年2月度(速報)▽食料品 6506億7844万円(105.8%)
うち
○農産品 884億5492万円(101.1%)
○畜産品 770億6377万円(107.1%)
○水産品 556億9494万円(104.4%)
○惣菜 827億5913万円(106.3%)
○その他食品 3467億568万円(106.9%)

▽衣料品 511億9813万円(96.1%)

▽住関品 1787億923万円(101.6%)
うち
○日用雑貨品 761億421万円(108.2%)
○医薬・化粧品 288億3199万円(115.4%)
○家具・インテリア 414億8101万円(88.9%)
○家電製品 67億4302万円(86.4%)
○その他商品 255億4900万円(97.4%)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ