左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

生活困窮学生に食品やアルバイト情報提供-パルシステム生協連2020年5月21日

一覧へ

パルシステム生協連は、生活に困窮する学生への食品提供やアルバイト紹介を、神奈川県厚木市と協力して行う。新型コロナウイルス感染拡大で、事業所の休業・閉鎖により影響を受けている若者を支援する。

飲料やカップめんを提供する藤田理事長(中)飲料やカップめんを提供する藤田理事長(中)

学生に対する支援は、厚木市内の大学から市に相談が寄せられたことをきっかけに実施するもの。学生自身がアルバイトに出勤できなかったり、保護者の収入が減少したことで困窮状態に陥っている学生を、地元NPO法人「フードバンクあつぎ」を運営するNPO法人「Heart34」と連動し救済する。

5月15日から、飲料やカップめん等の提供を開始。パルシステム神奈川ゆめコープの藤田順子理事長がフードバンクあつぎに贈呈した。学生には、物流施設のパルシステム連合会相模センター(神奈川県愛川町)、神奈川県内にあるパルシステム神奈川ゆめコープ配送センターの求人情報を、5月23日までの3日間にわたりフードバンクあつぎ事務所で提供する。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る