Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

猛暑対策ウェアで梅雨や炎天下の作業を快適に ミズノワークビジネス2020年5月28日

一覧へ

ミズノのワーク用アパレルに特化したミズノワークビジネスは、スポーツ品開発のノウハウを活用して作ったファン付ウエアなどワーク用猛暑対策グッズを販売している。

エアリージャケットTOUGHベスト エアリージャケットTOUGHベスト

2018年に発売した長袖タイプのファン付ウエア「エアリージャケット」は、両脇のファンから空気を送ることで汗を気化させ、衣服内の空気を循環させて涼しさを保つ。体表を冷やすことで余分な汗をかかずに、体力の消耗を抑える効果も期待できる。動きやすさを追求したパターン設計で、長袖タイプ3型と、4月に発売された、腕を動かしやすいベストタイプの計4型を展開している。

また、大量に汗をかいても高い通気性で衣服内のべたつきを抑制し、クーリング機能を発揮する素材「ミズノ ドライエアロフロー」を採用した「KUGEKI 空隙」シリーズもラインアップ。梅雨時期や炎天下での作業を快適にサポートする。

「ミズノ ドライエアロフロー」は、汗の膜が生地の通気性を低下させ、不快感の原因を生むことに着目した素材。従来は、生地に空隙(メッシュ)を施すことで空気の通り道を確保して通気性を高めてきたが、大量発汗時には空隙が汗で埋まってしまうため、べたつき感などの不快感につながっていた。一方、「ミズノ ドライエアロフロー」は、水の保水量を抑える「疎水・撥水糸」と水を吸い込む「吸水糸」を組み合わせることで、汗が下に流れやすい独自開発の構造で通気性を保つ。また、臭気を軽減する消臭テープを付けており、加齢や汗の気になるニオイ対策ができる。

KUGEKIシリーズは半袖メッシュベスト、シャツの半袖と長袖、インナーシャツのノースリーブと半袖を展開 。価格はすべてオープン。

大量発汗状態での生地の通気大量発汗状態での生地の通気

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る