想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

人にも環境にも優しいエシカルスイーツでSDGs貢献型クラウドファンディング実施2020年8月5日

一覧へ

大阪のチーズケーキ専門店の(株)seedは、国産有機米の米粉と地元の無農薬野菜を使ったチーズケーキを通じて、誰一人取り残さないエシカルなおやつタイムを実現するため、SDGs貢献型クラウドファンディングを実施している。



同クラウドファンディングは、(株)ファーストデコ(東京都千代田区)が推進し、今回で3回目。応援することで、その会社だけではなく、そこに関わる企業や地方にも波及し、結果として一次産業の活性化、地方創生など経済、社会、環境の3つの視点の社会課題を解決を目的としている。

応援することで、SDGsが自分事になるというメリットもあり、クラウドファンディングによって、自然にSDGsの取り組みが広がっていくことをめざしている。

2年前に大阪を襲った台風で大打撃を受け、さらに新型コロナ感染拡大に伴いレストラン部門から撤退という決断の中、雇用を守り、人材育成に努めるseedの南美春社長は「苦しいからこそ社会にも環境にも人にも優しい取り組みをしたい」と話す。今回は、地元の無農薬野菜生産者が育てる小松菜と、規格外となった無農薬のパッションフルーツの食品ロスという問題を、ペーストにして加工できる菓子製造業の強みを活かして解決。それらを原料として用いたチーズケーキをリターンとして提供する。

また、リターンの中に、「梅の種」という食品廃棄物をアップサイクルした梅炭レターパッケージを用いた商品も組み入れ、環境への取組も喚起。梅炭パッケージは、山陽製紙(株)が開発した。

集まった資金は、アレルギーのある人向けのお菓子と、環境面だけではなく、衛生面にも優れたパッケージを開発・販売するために活用。さらに、地元の無農薬有機栽培の生産者に光を当てることで、持続可能な循環づくりができるように活用していく。


【seed紹介・購入ページ:CAMPFIRE

リターンとして提供する「農薬不使用パッションフルーツのレアチーズケーキ」リターンとして提供する「農薬不使用パッションフルーツのレアチーズケーキ」

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る