Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「食と健康」で地域活性 包括連携協定を締結 山梨県北杜市とはくばく2020年8月5日

一覧へ

穀物カンパニーの(株)はくばく(山梨県中央市)は8月4日、山梨県北杜市と、「食と健康」を核とした地域活性化に関する包括連携協定を締結した。北杜市がめざす安全・安心な「食」を通じた市民の健康づくりの推進と、はくばくの地域貢献として健康食の価値向上をめざす。

連携協定を結んだ北杜市の渡辺英子市長(写真左)とはくばくの長澤重俊社長連携協定を結んだ北杜市の渡辺英子市長(写真左)とはくばくの長澤重俊社長

同社は、「麦こそ健康の源」という想いから、大麦を中心とした穀物の第一人者として、おいしさと健康を追求した商品を開発してきた。現在は、大学や企業、研究機関と連携を図り、大麦を活用した食後血糖値の上昇抑制や腸内環境の改善など、健康機能性に着目した研究を行い、健康効果の実証に向けた取り組みを推進している。

一方、北杜市は、近年、糖尿病患者が増加する中、市民一人ひとりが一生涯健康で幸せに暮らすことができる「健幸北杜」を推進。また、市民の食の改善を通じた健康づくりのサポートをはじめ、同市の「食」を通じて子どもたちの愛郷心を育むための、様々な取り組みを展開している。同協定により、両者が力を合わせることで、北杜市民の食から健康に向けた取り組みの推進を中心に、さらなる地域活性化をめざす。

◆包括連携協定の主な内容
(1)市民一人ひとりが、一生涯健康で幸せに暮らすことができる食の改善を通じた健康づくりのサポートに関する取り組み
(2)子どもたちが、北杜市の「おいしい食」を魅力として気づき「ふるさと北杜」を愛し、一生涯暮らし続けたいと思う心を育むための取り組み
(3)「食と健康」に関する地域住民への啓発活動
(4)本協定による取り組みを全国に向けて発信することによる、北杜市及び株式会社はくばくの知名度の向上を目指した取り組み
(5)持続可能な開発目標(SDGs)「3 すべての人に健康と福祉を」の達成に向けた取り組み
(6)地産地消の推進に向けた取り組み
(7)その他本協定の目的を達成するために必要な取り組み

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る