Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA三井リース中央(1)SP

「おにぎりアクション2020」特設サイトオープン TFT2020年9月3日

一覧へ

日本から世界の食料問題の解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWO International(TFT)は、10月16日の「世界食料デー」を記念し、「おにぎりアクション2020」を実施。特設サイトを9月1日に開設した。

「おにぎりアクション2020」特設サイトオープン TFT

TFTは、国連が定めた世界食料デーに先立ち、10月1日~31日の期間中「おにぎりアクション2020」を実施。おにぎりにまつわる写真に#OnigiriActionを付けてSNSまたは特設サイトに投稿すると、協賛企業が寄付し、TFTを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食5食(100円)が届く取り組みを行う。参加者は無料で投稿でき、期間中であれば何度でも投稿できる。

今年のテーマは "家族や大切な人との「つながり」" 。新型コロナウイルスの影響により、家族や身近な人と対面で会う機会が限られる中、SNSでつながるコミュニケーションを求める人が増えている。TFTは、家族や身近な大切な人とのごはんシーンを投稿する取り組みを通し、食の大切さや、世界とのつながりを感じてもらうきっかけをめざす。

このアクションは2015年から毎年秋に行われ、2019年までにのべ230万人が参加。累計で約80万枚のおにぎり写真が集まり、450万食の給食をアフリカ・アジアの子どもたちに届けた。
日本のソウルフードである「おにぎり」をシンボルとして世界を変える取り組みは、世界46か国に広がっており、今年も日本を中心に海外でも実施する。TFT参画企業の社員食堂や、学校、自宅、おでかけ先など、世界中の人たちがおにぎりアクションに参加する。

【「おにぎりアクション2020」特設サイト】

2019年世界中からの投稿があった様子を示したおにぎりアクショングローバルマップ2019年世界中からの投稿があった様子を示したおにぎりアクショングローバルマップ

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る