Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

建設会社向け「ICT活用支援サービス」開始 テラドローン2020年9月16日

一覧へ

テラドローンは、日本国内の建設現場におけるICT活用工事のより一層の普及を後押しするため、ドローンによる起工・出来形の3次元計測に加え、3次元設計データやICONフォルダ納品などICT活用工事の一連を支援するサービスの提供を始めた。

「ICT活用支援サービス」

ICT活用工事を専門に支援する「ICT活用支援サービス」では、ドローンによる起工・出来形測量(写真・レーザー)や三次元設計データ作成の代行の他、ドローン機体や3次元ソフトウェア購入のご提案、ICON納品検査のサポート等を通じて、建設会社が自信を持ってICT施工に取り組めるよう現場を支援する。

国土交通省が公表の資料によると、令和元年度のICT活用工事状況ついて、直轄工事では公告件数の約8割(2132件)がICT活用、都道府県・政令市におけるICT土工の公告件数は1136件で、前年比で約倍増しており、各工種へのICT適用や積算基準の拡充など、今後もICT活用の幅は益々広がるとみられる。

同社は今後の展開として、ICT活用工事の現場だけでなく、設計・工事段階でのBIMCIM活用の部分でもサポートできるサービス展開を予定している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る