想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ブッフェ業態で食品ロス削減 ニラックスがTABETE導入2020年10月23日

一覧へ

(株)コークッキングが展開するフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が、ニラックス(株)が展開するブッフェ業態の店舗「グランブッフェ京急上大岡店」と「ガーデンプランツトレッサ横浜店」に9月から導入され、順次運用を始める。

ブッフェ業態で食品ロス削減 ニラックスがTABETE導入

「TABETE」は、フードロス削減のためのサービス。飲食店や小売店で廃棄の危機にある食事を1品から出品可能で、出品したメニューは即時にTABETEアプリに掲載され、約31万人のユーザーが閲覧できる。

購入者によって購入個数・引取時間が確定されると店舗に通知が届き、その後、購入者は引取時間に合わせて店頭を訪問。購入者が提示するアプリの画面を確認して商品を渡せば「レスキュー」が完了する。

ニラックスは、ショッピングセンターと共に発展したブッフェレストラン事業に力を入れ、小籠包食べ放題の中華ブッフェレストランなどを展開。時代に寄り添った食のスタイルを提案している。

今回の導入にあたり、同社は、「今後は微力ながらTABETEを通して、少しでも食品ロス削減に貢献できる店舗を増やして行ければ」とし、収益の一部を子ども食堂などに寄付するコークッキングの姿勢も応援していくという。

コークッキング代表取締役CEOの川越一磨氏は、「お客さまのニーズに応えるため、食品ロスが発生してしまうのは仕方がない部分ではありますが、TABETEを通じてその削減に少しでも寄与できるよう努力していきたい」と話している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る