Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平塚で「フードバンクプロジェクト」始動 ディップ2020年10月27日

一覧へ

ディップ(株)は10月31日、フードバンクひらつかと共同で食料を無料で配布する活動、フードパントリーを神奈川県平塚市で開催する。

平塚で「フードバンクプロジェクト」始動 ディップ

同社は、SDGsへの取り組みを進める中で、社内で社員からの提案により始まったプロジェクト「シャカツ!(社会を改善する活動)」を7月から開始。10月から「SDGs推進課」が新設され、その取り組みの第一弾として320人の社員から集まったアイデアをもとに「フードバンクプロジェクト」を発足した。

コロナ禍で働くことがままならないなど、経済的な事情で日々の食事に困る人がいる一方、食べられるのに捨てられてしまう「ロスフード」は日本で年間643万トンとも言われる。同社は、各地域のフードバンク団体と連携し、食品を提供する事業者と仲立ちし、食べ物に困窮する人々の食卓を支えている。また、フードバンク団体へのボランティア活動を通して、「食料を配布・配送する人手が足りない」「食料を配布する場所が足りない」「フードバンクそのものが認知されていない」など、さまざまな課題があること明らかになったことから、今回の企画では同社の強みを活かした協力により、共同パントリーを開催する。

具体的には、該当地域周辺の顧客企業へチラシを配布し、ロスフード提供の呼びかける。また、配布当日のボランティアスタッフ協力や「バイトル」にフードバンクの認知を拡げる特設ページを開設する。

共同パントリーは、10月31日の11時~14時、ひらつか市民活動センター2F(神奈川県平塚市見附町1-8)で開催する。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

クミアイ化学右カラムSP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る