想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

従来品の5倍の鮮度保持 鮮度保持ポリ袋「たもつくん」発売2020年11月2日

一覧へ

日本原産で天然成分100%の万生・植物抽出エキスの卸・販売を行う万生マーケティングは、ハウスクリーニング事業を展開するFace To Face(株)と開発した鮮度保持ポリ袋「たもつくん」を発売。両社は、農林水産省が進める「食品ロス削減国民運動」に参画しており、コロナ禍で飲食に関わる事業者などに向けて、食品の鮮度を保持するだけでなく、環境面や家計面にもやさしい新たな価値を与えられる鮮度保持ポリ袋を提案する。

鮮度保持ポリ袋「たもつくん」発売鮮度保持ポリ袋「たもつくん」

鮮度保持ポリ袋「たもつくん」は、厚生労働省の基準適合を取得した植物抽出エキス「万生」を配合。すでに企業間取引で800万以上の流通実績のある鮮度保持ポリ袋を、一般住宅や店舗等でも使用しやすいサイズにした。発売にあたり、飲食店や主婦の協力を得て、肉・野菜・魚介類等で使用テストを行ったところ、「ブロッコリーが一週間経っても鮮度が落ちない(青々しい)」「10日経ってもお肉の赤みが色に変化がない」「3日で捨ててしまうカニの足が7日経っても鮮度が落ちず、うまみがあって美味しい」などの評価を得た。また、使いやすいサイズ感として、一般的なA4よりやや大きめなサイズがいろいろな用途に活用できるなど、約6か月の調査を経て発売に至った。

食品ロスを削減できる一方、土壌生分解性鮮度保持ポリ袋も開発。レジ袋を土に還すことに関心が高い企業との商談も進んでおり、今後は、熟成肉や熟成まぐろなど活用方法の拡大も検討を進める。

同製品は、イタドリ・よもぎ・柿の葉の抽出エキス万生が配合されたポリエチエン原料と一般的なポリエチエンを特殊な製法で形成。食肉加工流通では積層製品を開発し、検査機関の結果では国産牛肉が最大88日間の変化がないことも確認されている。確認項目は色沢・外観・ドリップ・臭いの4項目と一般生菌数。検査は食品衛生検査指針「微生物編」と、期限表示のための試験方法ガイドライン食肉の方法に基づいて行われ、検査結果は「国産牛肉 賞味期限 70(88日後)2」と表示。この結果により、通常のポリ袋(ビニール袋)と比較し倍〜5倍の鮮度が保持でき、繰り返し1年程度使用できる。購入は専用サイトから。価格は、100枚入りで8800円、50枚入りで4800円。いずれも税別。

【「たもつくん」専用サイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る